手術の流れを説明しています | あきらめるのは早いです!自毛植毛で自分を生まれ変わらせよう!
menu

手術の流れを説明しています

白いカプセルと錠剤

自毛植毛はどのような手術を行うのか、やはり受ける人間にとっては気になるものです。
ここで、どのような手術を行われるかの流れを簡単に説明していきましょう。
まずは患者さんの髪の毛の毛根を採取する必要があります。その際は局部麻酔で痛みを感じない状態で行うので、痛みの心配は一切ありません。
専用の医療器具で採取するので、メスなどで切るようなこともありません。これは人によって髪の毛の特徴も違うので、それを見極めるためでもあります。
そして、採取した毛根を植毛していきます。その際には小さな切込みのようなものを頭皮に作り、植えていくことになります。
なので、多少の出血はありますので注意しましょう。また、クリニックの一部には電動のパンチを使って小さな切り込みを入れるので、さらに出血を抑えて最小限の切込みで植毛ができることもあります。クリニックを探しているときにあらかじめ質問しておくといいでしょう。
この準備が終わると、切り込みをいれた場所に採取した毛根を移植していく作業に入っていきます。よくあるクリニックは専用のピンセットを使いますが、一部のクリニックなら空気圧式のプランターで植えていくので、さらい確実性も増します。
いかがでしょう。これが一般的なクリニックの自毛植毛の流れになっています。流れがわかっていれば手術の不安も軽減していくことでしょう。
その他の細かいところはクリニックで直接聞く方が確実です。